加工工程におけるポイント 穴加工

(2) 穴位置を考慮した部材配置によるコストダウン

Before

穴の直下に部材を配置

タップ穴などの下穴ドリルが貫通する場合、その直下に部材が配置されていると、その部材にドリルが干渉し、折損するリスクがあります。このため、ドリルではなく、エンドミル加工する必要があり、加工時間が余計にかかります。

↓

After

穴の直下に部材を配置しない

設計段階で、穴の直下に部材を配置しないようにすれば、ドリル折損のリスクがなくなり、加工工数が削減されます。

ポイント

部材の配置設計する際には、タップ穴との干渉を避けることで加工工数が削減されます。

ページの先頭へ戻る