加工工程におけるポイント 切削加工

(1) 部材交差部の構造詳細変更によるコストダウン

Before

溶接にて埋め戻し

部材交差部で切削加工が必要な場合、切削後に板の隙間が表面に現れないように、あらかじめ、切削代以上に溶接で埋めておく必要があります。

↓

After

スカラップを設けた

片方の部材にスカラップ(切欠き)を設けることで溶接部の切削がなくなり、製造コストの削減につながります。

ポイント

スカラップを設け、溶接部を切削加工しない構造に変更することで製造コストダウンにつながります。

ページの先頭へ戻る