加工工程におけるポイント 切削加工

(5) 精度面形状の変更によるコストダウン(その2)

Before

精度面幅250

精度面の面積が大きければ、その加工時間は増加します。例えば、上図の精度面をφ200の大径フライスカッターで切削加工する場合、2回の切削パスが必要です。

↓

After

精度面幅190

精度面幅をカッター径以内に抑えることができれば、切削パスが減少し、加工時間が削減できます。更に、1パス目と2パス目のカッター段差も無くなり、切削面精度が向上します。

ポイント

工具幅を考慮した精度面形状とすることで加工コストダウンにつながります。

ページの先頭へ戻る