品質保証におけるポイント

(3) 焼鈍工程の変更による品質向上

Before

構造体の残留応力除去を目的として行われる焼鈍工程は、加工前に行われることが一般的です。

焼鈍工程 加工前
↓

After

焼鈍工程の順序を変更し、粗加工後に行います。これにより、粗加工による残留応力リスクを低減することができ、品質向上につながります。

焼鈍工程 粗加工後

ポイント

粗加工後に焼鈍工程を入れることにより、残留応力リスクを低減でき、品質向上につながります。

ページの先頭へ戻る