品質保証におけるポイント

(7) 製缶、機械加工の適切な公差設定による過剰品質防止

Before

製缶や機械加工において、公差設定を厳しくすると品質は向上します。しかし、過剰品質となる可能性もあり、過剰品質は製造コストアップとなってしまいます。

↓

After

製缶の寸法交差の目安

表に示す公差を目安とすれば、製造コストを不要にアップさせることなく製造可能です。

切削加工の交差の目安

ポイント

製缶寸法、穴位置寸法、切削の幾何寸法の公差を適切に設定することにより、過剰品質の防止となります。

ページの先頭へ戻る