品質保証におけるポイント

(9) 表面粗さの緩和による加工工数削減

Before

加工可能な数値の上限値を設定

表面粗さは一般的に加工可能な数値の上限値を設定することが多いです。

↓

After

必要な表面粗さまで緩和

必要な表面粗さまで緩和できれば、加工時の切削送りを大きくすることができるため、加工時間が短縮され、コストダウンにつながります。

ポイント

表面粗さを緩和することで、切削送りを大きくし、加工時間の短縮が図れます。

ページの先頭へ戻る