製缶工程におけるポイント

(4) 溶接量低減によるコストダウン

Before

角形鋼管

左図は角形鋼管と同サイズのH鋼の溶接接合事例です。記載の溶接記号の場合、施工は右図のように、角形鋼管、H鋼の面より上まで溶接を盛り上げた後、余盛りのグラインダ仕上げを行うことになります。

↓

After

グラインダー仕上げも省略

適切な溶接設計により接合部の耐力が確保できれば、右図のように、H鋼の板厚の途中までとすることも可能です。溶接量が低減するだけでなく、グラインダ仕上げも省略できます。

ポイント

グラインダ仕上げをしなくてもよい溶接設計にすればコストダウンになります。

ページの先頭へ戻る