設計工程におけるポイント 構造詳細

(4) 形鋼サイズ変更によるコストダウン

Before

溶接接合

図は角形鋼管と同サイズのH鋼を溶接接合するケースです。よく見られる構造詳細ですが、角形鋼管のR部分には隙間ができるため、溶接しづらい構造です。

↓

After

溶接接合

H鋼サイズをダウンすることができれば、すみ肉溶接のみで接合可能となり、溶接工数削減につながります。もちろん、左図がベターですが、右図の場合でもR部分の溶接箇所数が減少するため、工数削減につながります。

ポイント

溶接量が少ない構造を選ぶ方が製造工数が掛からず、コストダウンにつながります。

ページの先頭へ戻る