設計工程におけるポイント 基本事項

(2) 3DCADの利用による 設計業務効率化

Before

2D図面のみで設計を行う

2D図面のみで設計を行うと・・・・・・

  • 部材の干渉チェックが不便です。
  • 構造解析を行うために、別途解析モデルを作成する必要があります。構造解析を行わないと構造体性能の過不足の判断がしづらいです。
  • プレゼンなどで他の人に構造を説明するのが不便です。
↓

After

3DCADで設計を行う

3DCADで設計を行うと・・・・・・

  • 部材の干渉チェックがすばやくできます。
  • 3DCADモデルを使用して構造解析が可能です。
  • 構造体のイメージを視覚的に伝えられるので、説明が容易となります。

ポイント

3DCADを使用することにより、設計検討からプレゼン説明、製造検討まで、一元的に行うことができ、業務の省力化が見込めます。

ページの先頭へ戻る