設計工程におけるポイント 基本事項

(7) 傾斜台付きトレーラの活用による輸送コストダウン

Before

積載幅が3mを超えるとPM9:00~AM6:00の走行に制限

関係法令により、陸上輸送限界は積載幅3.5mまでとなります。また、積載幅が3mを超えるとPM9:00~AM6:00の走行に制限され、更に先導車が必要になるために輸送コストが高くなります。

↓

After

積載幅が3mを超えないようにできれば、 24時間時間走行可能

製品サイズによっては傾斜台車と呼ばれる製品を斜めにして運べる機能を有したトレーラを使用して、積載幅を3m以下として輸送することも可能です(右図) 。
積載幅が3mを超えないようにできれば、 24時間時間走行が可能となり、輸送コスト、リードタイムの削減が図れます。

ポイント

特殊車両の活用により輸送コストとリードタイムの削減が図れます。

ページの先頭へ戻る