加工工程におけるポイント 穴加工

(6) 穴深さの変更によるコストダウン

Before

有効深さが深い

当たり前のことですが、穴深さが深いと穴加工量が増えます。また、ドリルなど工具の折損リスクも高くなります。

↓

After

有効深さを浅くする

穴の使用状態を考慮して穴深さを必要最小限とすることで、加工時間が削減されます。一つ一つの穴の加工削減時間は小さいかも知れませんが、多数の穴を有する大型構造体ではその効果が大きくなります。

ポイント

大型構造体においては穴数が多いので、穴の有効深さを最小限とすることにより製造コストを削減できます。

ページの先頭へ戻る