加工工程におけるポイント 穴加工

(7) クランプ代の設置によるコストダウン

Before

上部でクランプしている事例

製品を加工する際は加工機に製品を固定(クランプ)します。図は製品下部に適当なクランプ箇所がなく、上部でクランプしている事例です。この場合、クランプ力が弱くなる上、クランプ治具が加工機と干渉するリスクもあります。

↓

After

下部でクランプしている事例

製品のクランプが弱いと製品が振動し精度に影響を与えるため、クランプ作業は重要な作業です。製品下部に適切なクランプ箇所があれば、強固にクランプでき、クランプ作業時間も削減できます。

ポイント

製品の加工機への固定作業は製品精度に影響を及ぼす重要な作業です。クランプし易い設計をすることで、製品精度の向上とコストダウンを実現することができます。

ページの先頭へ戻る