加工工程におけるポイント 穴加工

(8) 加工機スペックを考慮した設計によるコストダウン

Before

加工機本体との干渉

図のような変形断面の製品を加工する場合は注意が必要です。加工機本体との干渉により物理的に加工できないエリアの発生、工具長が長くなることにより達成精度の低下・工具コストの増大などの問題が生じます。

↓

After

干渉するエリアに切削面や穴を設置しない設計

加工機スペックがあらかじめ判明していれば、干渉するエリアに切削面や穴を設置しない設計が可能です。工具長の長い特殊工具を準備する必要もなくなりますので、コストダウンにつながります。

ポイント

加工機スペックを考慮した設計は製造コスト削減につながります。

ページの先頭へ戻る