品質保証におけるポイント

(1) 恒温環境下での加工による品質向上

Before

鋼の線膨張係数

長さ5mの鋼製製品の物体温度が1℃変化すると、鋼の線膨張係数は
12×10-6/℃ですので5000(mm)×1(℃)×12×10-6/℃=60μm
の長さ変化が生じます。精度を必要とする構造体においてはこの温度変化による長さ変化は決して無視できません。

↓

After

遮蔽された建物内の温度管理された環境

加工中の製品の温度を変化させる要因は、加工工場内温度の変化、日光の照射などがこれらを防止することのできる遮蔽された建物内で温度管理された環境が必要です。

ポイント

精密部品加工においては加工中の温度変化を防止することが重要です。管理された恒温環境での加工により高い品質が達成できます。

ページの先頭へ戻る