品質保証におけるポイント

(6) 通り合せ基準変更による測定精度の向上

Before

幾何公差評価基準が短い

精度保証をする際、製品設置の通り合せや幾何公差評価基準が短い場合があります。基準が短い場合、測定誤差の影響が大きくなり、品質保証が難しくなります。

↓

After

幾何公差評価基準が長い

基準を出来る限り長く、大きくすることで測定誤差の影響が少なくなり、測定精度が向上します。測定精度の向上は、品質保証をより確実なものとします。

ポイント

測定誤差の影響が少なくなる基準面を設定することで、測定精度が向上し、品質保証をより確実なものとします。

ページの先頭へ戻る