設計工程におけるポイント 大型構造体

(5) 大型構造体の表面処理方法のポイント

Before

焼付塗装 無電解ニッケルめっき

大型構造体の表面処理はその処理設備のサイズに制約を受けます。焼付塗装:乾燥炉のサイズ、無電解ニッケルめっき:めっき槽のサイズが問題となり、大型構造体の場合、施工可能業者が限定されます。

↓

After

常温塗装

表面処理として、常温塗装を選択すれば、設備によるサイズの制約はありません。乾燥炉やめっき槽など特殊設備が不要である常温塗装はコストダウンにつながる表面処理方法です。

ポイント

大型構造体の表面処理は設備サイズの制約を受けない常温塗装の方が製造コストが安くなります。

ページの先頭へ戻る