設計工程におけるポイント 大型構造体

(6) 大型構造体フレームの設計のポイント

Before

鋳物

長さ5mのガントリー型フレームにおいて鋳物構造から溶接構造へ置換えた事例です。課題は、剛性アップ、軽量化、スペース確保でした。

↓

After

溶接構造

課題に対して、剛性:44%アップ、重量30%ダウンを達成しています。更に、部分的に曲げ構造を活用したスペース確保も達成しています。

ポイント

長さ5mのガントリー型フレームの、44%剛性アップと30%の重量ダウンを達成しています。

ページの先頭へ戻る